2005年09月16日

コブができました

朝、むる父が「むるしぇ、病院連れてけっ!」と叫んだ。
なんでやねん!っと思ったらのどの少し左側にコブがある。なんや?これっ?大きなビー玉大。昨日までは無かったのに。またもやアレルギーか?っとひやっとしたけどフード&コエンザイムのみ生活。昨日、難波宮で変なもん食べたか?でも、アレルギーの時のコブとは明らかに違う。アレルギーのときは輪郭がはっきりしてたけど、今日のはなんだか緩やかな感じ。
午後になっても引かなく、大きくなってるように感じたので病院へ連れて行った。
やはりアレルギーではなくて、何か(唾液腺orリンパ腺)の炎症のようだとのこと。測ったら2.5×3.5cm大の楕円形だった。体重は8.3kg。そして、コブに注射針を刺して組織の細胞検査をしてもらうことになった。
むるしぇ、お尻に注射の経験はあるが首なんて初めて。こっちがドキドキだ。看護婦さんも手伝って3人がかりで抑える。針が刺さった瞬間、目を見開いたけど泣くこともわめくことも暴れることもない。おとなしいやっちゃ。獣医さんにも褒められた(^_^)v。
そして検査待ち。まだ若いのと急激に腫れてるので腫瘍の可能性は低いですって言われて初めて息ができたような感じ。コブがある以外はいつもどおり。暴れて寝て食べてのむるしぇなのでそんな大した病ではないだろうと思いつつも、ふと、あぁ〜むるしぇは私たちより寿命が短い。いつか送る時が来るんやな〜っと初めて身近に感じられた。きっと40代になったとき、まだまだ先だ〜って考えもしなかったけど確実にやってくるんだ。そんなことをどんよりしつつ考えてたら先生に呼ばれてモニタを見る。なんだか丸い物がいっぱいあって、これがぎっしり詰まっていて腫れてますとのこと。詳細な細胞検査をしてもらって明日結果がわかることになった。それまではとりあえずいろんな菌に効く抗生物質で様子を見て明日の結果を待っておくすりを変更することに。
0916-5.jpgフードとお散歩はいつもどおりでいいけど、抵抗力が落ちてることも考えられるのでハードなお散歩はやめておいてくださいとのことだった。

家に帰って早速お薬。初めての粉薬で注射器がついている。水に溶かして口の脇から入れてみるけど、むるしぇもびっくりしたようでカニのような泡を吹いてこちらもびっくり。格闘しつつなんとか飲んでくれた。ご飯も食べてまた寝るむるしぇ。ぐっすり寝てください。

0916-1.jpg
なんか、今日、僕首太いねん。

0916-2.jpg
そんな、ジロジロみんといてや〜。

0916-3.jpg
ここ、ここ、わかる?

0916-4.jpg
ご飯食べるのん邪魔やわ〜。


お薬が効いたのか腫れも少し引いた感じ。良かった〜。
昨日の難波宮お散歩、飼い主もハードだったがむるしぇもハードだったのかな?っと反省。
それか、なんか悪いもの食べたのかな〜?
posted by むる母 at 18:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院&お薬記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。